第13回医療連携推進会議

平成29年9月25日(月)

定期巡回・随時対応型訪問介護看護 第13回医療連携推進会議が行われました。

会議の概要

当日は30名の参加があり、

介護保険課事業者指導係様、

高齢者相談センター相談員さんをはじめ、

ケアマネさん、在宅診療所さん、訪問マッサージさんなど

多職種の方々にご参加いただきました。

事例発表

今回も実際にサービスをご利用頂いている

2名のケアマネさんから事例発表をしていただきました。

①緊急コールが多い認知症の方のケース

やさしい手石神井公園:今野CM

最高416回/月電話がかかってくる認知症利用者。

引きこもりの次男、就労している長男との3人暮らし。

丁寧な随時対応(オペレーター)と

必要時の迅速なフォローで、

服薬コンプライアンス、心の安定、社会性の復活が改善し始めた。

単なる介護機能のみではなく、

相談支援機能が付加されたサービスに大変助かっている。

②同居家族が障害及び疾病がある定期巡回の事例

めぐみの会大泉:鈴木CM

夫が肝障害・難聴であり、

次男(主介護者)は高次機能障害を持つも母親思いで介護意欲がある。

家族介護の後方支援と捉えがちであるが、

次男の社会復帰を考えていくと、

過介護での疲労、家族崩壊が懸念される。

高齢者相談センター始め、

多職種連携支援にてご本人はもとより次男さんの能力も向上した。